病院指標公開ページ2016

近森病院病院指標

平成28年度 近森病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 51 155 159 245 512 813 1956 2633 2862 780

・集計条件(全指標共通)
各指標の集計は、平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間に退院された患者さんを対象としています。
労災、自賠責、治験等の患者さんは集計対象外。

平成28年度の退院患者は10,166人で、平均年齢は70.9歳(男性68.6歳、女性73.7歳)でした。65歳以上の患者さんの割合が約74.1%、75歳以上が49.2%を占めており、地域社会の高齢化を反映しています。年代別では、20歳未満では骨折などの外傷が多く、20代・30代ではてんかん、髄膜炎などの神経疾患、腸の憩室性疾患、虫垂炎、胆のう炎、胆管炎などの消化器疾患、顔面骨折、四肢の骨折、肘・膝の損傷などの外傷、急性薬物中毒などが多くなっています。40代・50代ではこれらに狭心症、虚血性心疾患、不整脈などの循環器疾患、脳卒中が加わり、60代から心不全、肺炎、癌疾患、大腿骨頚部骨折、腎不全などが多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、虚血性心疾患などの心臓カテーテル検査 613 3.16 3.06 0.33% 70.02
050050xx02000x 狭心症、虚血性心疾患などの冠動脈カテーテル治療 357 4.64 4.71 0.56% 70.92
050130xx99000x 心不全の治療 166 21.73 17.95 15.06% 83.24
050070xx01x0xx 不整脈の高周波カテーテルアブレーション治療 140 5.76 5.51 0.00% 62.46
050170xx03000x 末梢動脈疾患のカテーテル治療 130 11.83 5.85 6.15% 74.90

狭心症などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査のための入院が最も多く、2番目は狭心症、心筋梗塞などに対する冠動脈カテーテル治療となっており、この2つで全体の約4割を占めています。
この他にも、全身各部位の動脈硬化性病変に対して末梢血管形成術やステント留置術、大動脈瘤に対する経皮的大動脈ステント内挿術、徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術、致死性不整脈に対する埋め込み型除細動器(ICD)、各種不整脈に対する高周波カテーテルアブレーション治療、心不全に対する心臓再同期療法も行っています。
2014年には、経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI) の実施施設に認定され、2016年(1月~12月)には47例に施行し良好な成績です。成人の循環器疾患に対しては、ほとんどの疾患に対応できる体制が整っています。


神経内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞の脳保護薬(エダラボン)および抗凝固療法・抗血小板療法(発症3日目以内かつJCS10未満) 109 12.97 16.54 39.45% 72.51
010230xx99x00x てんかんの治療 106 7.53 7.12 12.26% 59.09
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作の治療 49 5.71 6.38 2.04% 72.53
010160xx99x10x パーキンソン病の治療 40 14.23 21.15 2.50% 75.28
010060×2990411 脳梗塞の脳保護薬(エダラボン)および抗凝固療法・抗血小板療法(発症3日目以内かつJCS10未満) 副傷病:てんかん・不整脈等あり 35 15.69 18.76 51.43% 74.54

神経緊急症とされている脳梗塞などの脳血管障害、中枢神経感染・炎症性疾患、けいれん・てんかんによる入院患者さんが多くなっています。
2012年4月よりSCU(Stroke Care Unit)病棟が開設され、脳神経外科医、神経内科医が24時間常駐して早期診断・治療が最も重要な脳卒中に対応しており、脳梗塞急性期治療ではt-PA投与を積極的に行なっています。また、複数の神経内科専門医が在籍し、神経緊急症(neurological emergency)とされている緊急疾患を24時間受け入れ可能な県下唯一の病院であると同時に、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、認知症など亜急性期から慢性期の神経変性疾患まで広範囲にわたる神経疾患の診療を行っています。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石、胆管炎などの内視鏡的治療(ERCP) 240 13.05 11.06 10.00% 76.12
060100xx01xx0x 大腸ポリープの内視鏡的ポリープ粘膜切除術(EMR) 144 2.52 2.72 1.39% 69.35
060050xx97x0xx 肝癌の経カテーテル的肝動脈化学塞栓療法(TACE) 79 11.59 11.74 5.06% 74.44
060102xx99xxxx 大腸憩室炎、大腸憩室出血の治療 70 8.47 7.89 2.86% 68.19
060140xx97x00x 出血性胃潰瘍の内視鏡的消化管止血術 66 8.98 10.93 4.55% 70.83

消化器内科では、消化管、肝臓、胆膵疾患の診断・治療を担当しており、救急から専門的治療まで幅広く行っており、救急疾患としては、消化管出血、胆管炎、急性膵炎などが多く、緊急内視鏡による止血術や内視鏡的胆管ドレナージを行っています。
特に高齢者の総胆管結石による胆管炎が増加しており、胆膵疾患に対する内視鏡的治療(ERCP)件数が増加し、中四国でも有数の症例数となっています。2番目に多い症例は大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ粘膜切除術となっています。肝癌に対しては、病態に応じて放射線科、外科と連携して治療を行っており、局所治療としては、経カテーテル的肝動脈化学塞栓療法(TACE)や経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)を行っています。また、早期の胃癌、大腸癌に対しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。


呼吸器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎の治療 120 23.13 21.25 33.33% 83.09
040040xx9910xx 肺癌診断の気管支鏡検査(経気管肺生検法) 44 6.93 3.68 4.55% 74.89
0400801499×001 肺炎や気管支炎の治療 (市中肺炎、75歳以上、重症度1)中等症 39 12.38 13.60 7.69% 82.77
0400801499×002 肺炎や気管支炎の治療 (市中肺炎、75歳以上、重症度2)中等症 30 15.13 15.29 16.67% 83.60
0400801499×003 肺炎や気管支炎の治療 (市中肺炎、75歳以上、重症度3)重症 26 21.42 17.43 34.62 83.23

急性期救急病院という背景、また高知県の超高齢化を反映し、呼吸器感染症の症例が多くなっていると考えられる。いずれの指標においても、平均在院日数で全国の平均より長い傾向が認められる。この背景には、当院の入院患者は高齢者が多く、基礎疾患を複数有する例が多いことが関係していると考えられます。
気管支鏡検査に関しても全国平均を上回っている要因として、当院は既往に虚血性心疾患や脳血管障害をもたれている患者様の検査を行う事が多く、その際に抗凝固薬の中止や必要に応じて他剤(ヘパリンなど)への一時的な切り替えを行った上で検査を行う事も多く、そのために入院期間が長くなることが多い例もあると考えられます。


血液内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx97x40x 悪性リンパ腫の化学療法(リツキシマブ)(輸血あり) 14 21.36 34.90 0.00% 71.93
130090xx97x0xx 貧血の輸血療法 13 14.77 11.25 15.38% 73.1
130030xx99x40x 悪性リンパ腫の化学療法(リツキシマブ)(輸血なし) 12 17.08 16.83 0.00% 75.1
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群の化学療法(アザシチジン)(輸血あり) 11 22.18 21.92 0.00% 69.55
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群の治療(トロンボモデュリンアルファ)

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

血液内科では白血球、赤血球、血小板といった血液細胞の量的・質的異常や、血液を凝固させたり血栓を溶解させたりする機構(凝固・線溶系)に異常をきたす疾患を扱っており、種々の原因による貧血(鉄欠乏性貧血、悪性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血)、骨髄繊維症、本態性血小板増多症、真正多血症などの慢性骨髄増殖性疾患、骨髄異形成症候群、白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器腫瘍、紫斑病や血友病などの血栓・止血異常などが主な疾患です。血液疾患の診断や病期の決定には、血液・尿検査、骨髄穿刺・骨髄生検、リンパ節生検、画像診断(CT、 MRI、 PET-CT)、消化管内視鏡検査などを行っています。


糖尿病内科;内分泌内科;代謝内科;リウマチ科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100210xxxxxxxx 低血糖症の治療 19 9.84 6.96 5.26% 74.37
100070xx99x100 2型糖尿病のインスリン治療(末梢循環不全なし) 17 16.00 14.61 5.88% 66.59
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患(膠原病、リウマチ)の治療 15 42.40 17.77 0.00% 59.80
100070xx99x110 2型糖尿病のインスリン治療 副傷病:末梢動脈疾患等あり
100080xx99x100 高血糖高浸透圧症候群の治療

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

救急病院であるため動脈硬化症をはじめとした多くの血管合併症の患者さんが搬入されますが、その原因の一つに糖尿病、脂質異常症などの代謝疾患があります。
一方、低血糖症を発症され、未だに多くの糖尿病患者さんが入院されておられます。糖尿病の治療に難渋されておられる方がおいでましたらご連絡頂きたく存じます。
また、当院を受診される患者さんの中には、不明熱や肺・腎臓などの臓器障害をお持ちの方がおられ、中にはリウマチや膠原病が原因で発症している患者さんが含まれています。リウマチ、膠原病診療で何かお役にたてるようでしたらご連絡頂きましたら嬉しく存じます。
現在、我々には幅広い診療が要求されており、入院診療でも外来診療でも糖尿病サポートチームやリウマチサポートチームが多大な力を発揮しています。親切なスタッフばかりですので、お気軽にご心配なくお声をかけて頂きたく思います。皆様方のご健康のお役にたてましたらうれしい限りです。


消化器外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢炎の腹腔鏡下手術 81 5.46 7.61 0.00% 61.88 PDF
060160x001xxxx 鼠径ヘルニアの手術 (15歳以上) 26 3.69 5.29 3.85% 66.54 PDF
060150xx03xxxx 虫垂炎の腹腔鏡下手術 24 4.21 5.60 0.00% 32.38 PDF
060210xx9700xx 腸閉塞の手術 22 10.00 15.23 27.27% 72.05
060210xx99000x 腸閉塞の保存的治療 20 6.25 9.08 5.00% 66.15

消化器外科では、定期手術ではクリニカルパスを積極的に使用しており、現在、幽門側胃切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、大腸切除術、ヘルニア根治術等の症例数の多い治療においてパスを使用しています。また、当院は救急病院のため他の病院と比べて急性期疾患が多いのが特徴で、特に多いのは胃十二指腸潰瘍穿孔、腹膜炎、腸閉塞、、急性虫垂炎、ヘルニア嵌頓、外傷でした。また、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんなどの悪性腫瘍に対する手術も行っています。

詳しくは年報をご覧ください。

▶年報のページへ移動


形成外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160200xx0200xx 鼻骨骨折、頬骨骨折の手術 47 7.00 5.80 0.00% 38.53 PDF
100100xx97x1xx 下肢皮膚潰瘍の手術 12 29.42 49.25 33.33% 64.58
050170xx9720xx 閉塞性動脈疾患(下肢動脈硬化性壊疽)の手術
070071xx97xxxx 骨髄炎(上肢以外)の手術
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創の手術

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

形成外科は、皮膚、軟部組織を中心に頭の先から足の先まで扱います。特に頭蓋・顎・顔面領域では頭蓋顔面骨、体幹では胸骨肋骨の変形など全身が守備範囲です。
①外傷(熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷の手術症例、顔面軟部組織損傷、顔面骨折、頭部・頸部・体幹の外傷、上肢の外傷、下肢の外傷、外傷後の組織欠損(2次再建))
②先天異常(唇裂・口蓋裂、頭蓋・顎・顔面の先天異常、頸部の先天異常、四肢の先天異常、体幹(その他)の先天異常)
③腫瘍(良性腫瘍(レーザー治療を除く)、悪性腫瘍、腫瘍の続発症、腫瘍切除後の組織欠損(一次再建)、腫瘍切除後の組織欠損(二次再建))
④瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド
⑤難治性潰瘍(褥瘡、その他の潰瘍)
⑥炎症・変性疾患(蜂窩織炎、眼瞼下垂、陥入爪、腋臭症など)
⑦美容(手術)
⑧その他(性同一性障害、ブラッドアクセス、分類不能など)などの診療を行っています。
急性期では外傷が多く、顔面骨骨折を含めた顔面外傷や四肢の外傷、熱傷、瘢痕拘縮、ケロイドなど多くの手術や保存的治療を行っています。


呼吸器外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺癌の胸腔鏡下手術 19 9.00 12.73 5.26% 75.00
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 12 9.50 9.25 58.33% 78.58
040200xx99x00x 自然気胸の保存的治療 11 9.09 9.14 0.00% 35.36
160450xx99x1xx 外傷性血気胸の保存的治療 (胸腔ドレナージ) 10 7.90 11.36 10.00% 62.80
040200xx01x00x 自然気胸の胸腔鏡下手術

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

呼吸器外科の対象疾患は、癌など肺腫瘍、縦隔腫瘍、気胸、胸部外傷、手掌多汗症などがあります。原発性肺癌は最近、画像診断の発達とともに検診にて早期に発見されることが多くなりました。呼吸器内科や放射線科と連携して、気管支鏡検査やCT下針生検、全身検査を行い年齢や合併症の有無などを考慮し、本人や家族に十分な説明のうえ、手術適応を決めています。手術にあたっては、胸腔鏡を用いた非侵襲手術を心がけており、平成28年度は肺癌症例は22例で、うち手術症例は17例でした。80数歳で肺葉切除も行われます。一方、手術不能の進行肺癌も治療しており、近年の抗癌剤の進歩により、5年を超す症例もあります。
自然気胸および肺気腫などに伴う続発性気胸は24例でした。若年性で再発を繰り返したり、空気洩れが続くような症例には、積極的に手術を行い11例でした。
検診で発見されることが多い縦隔腫瘍は、大きくならないと自覚症状がないことが多い疾患です。重症筋無力症を合併することもある胸腺腫は代表的なもので、臓器を圧迫して、合併切を要することもあることから、手術を勧められることもあります。昨年度は重症筋無力症を含め2例でした。
救命救急センターがあるため、交通事故などによる胸部外傷症例も昨年度は32例あり、胸腔ドレナージを行う外傷性気胸は10例、胸骨・肋骨骨折は17例でした。その他に整形外科、脳神経外科などにも関係する多発外傷も入院されます。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨頚部骨折の骨折観血的手術、人工骨頭挿入術 267 28.11 27.63 89.14% 82.22 PDF
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎圧迫骨折のコルセット治療 91 17.20 20.57 78.02% 78.01 PDF
070230xx01xxxx 変形性膝関節症の人工関節置換術(TKA) 72 18.58 26.26 91.67% 77.28 PDF
07040xxx01xxxx 変形性股関節症の人工関節置換術(THA) 72 16.81 24.42 88.89% 70.19 PDF
160800xx97xxxx 大腿骨頚部骨折の関節内骨折観血的手術 44 19.16 20.64 70.45 77.48 PDF

上位3症例の平均年齢は75歳を超えており、高齢者の手術が外傷・慢性疾患ともに増加し、多発外傷も高齢者に多く発生する傾向が見られます。慢性疾患では膝・股関節とも人工関節手術が徐々にではありますが増加しています。平均在院期間は2週間程度と短いですが、術後のリハビリテーションが必要な症例については、グループの近森オルソリハビリテーション病院や他の地域の医療機関と密に連携をとり、急性期から亜急性期、回復期のリハビリテーションを含めた一貫した入院診療体制をとっています。


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の手術 (外傷性) 90 12.04 9.87 28.89% 75.83
010040x099x00x 脳内出血の保存的治療 (非外傷性)(JCS10未満) 66 13.86 19.35 77.27% 68.52
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷の保存的治療 (外傷性) 56 9.70 7.52 30.36% 66.84
010040x199x00x 脳内出血の保存的治療 (非外傷性)(JCS10以上) 20 15.35 22.05 75.00% 77.70
010020x101x1xx くも膜下出血、破裂脳動脈瘤のクリッピング術(非外傷性) (JCS10以上) 15 30.60 47.72 93.33% 68.27

救急患者が多いため脳卒中患者、頭部外傷患者を多く診療しています。年間500名以上の脳卒中を脳神経外科と神経内科で治療しており、出血性脳卒中を脳神経外科で、虚血性脳卒中を神経内科と脳神経外科で治療しています。
脳梗塞急性期治療ではSCU病棟に、24時間365日いつでも神経系を専門とする医師が常駐しており、24時間tPAが投与できる体制になっており、2016年度は53件行っています。また、tPA無効例やtPA適応外症例に対しての血管内再開通療法も行える、県内では数少ない施設の一つです。手術件数は増加しており、クリッピング術、頸動脈内膜剥離術、腫瘍摘出術、血腫除去術等、血管内治療では頸動脈狭窄に対するステント留置術(CAS)、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術、また急性期脳主幹動脈閉塞病変に対する血管内再開通療法を行っています。


心臓血管外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx9701xx 弁膜症の経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI) 47 18.28 23.73 21.28% 85.34 PDF
050080xx01010x 弁膜症の弁置換術、弁形成術 29 19.21 24.70 17.24% 74.69 PDF
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤の大動脈瘤切除術 29 15.28 21.94 6.90% 73.00 PDF
050050xx99100x 狭心症、虚血性心疾患の心臓カテーテル検査 (術前、術後検査) 26 3.08 3.06 0.00% 72.50
050050xx0103xx 狭心症、虚血性心疾患の冠動脈バイパス術(2吻合以上) 20 17.00 30.07 30.00% 68.55 PDF

●2016年手術件数
■心臓手術…209件
■胸部大動脈…45件
■腹部大動脈…46件
■末梢血管…144件
■その他…54件
(2016/1~2016/12抽出データ)

詳細は年報をご覧ください。
▶年報のページへ移動

▶参考資料:年間手術件数グラフ


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 尿路結石症の経尿道的尿路結石砕石術(TUL)等 64 6.06 5.83 3.13% 59.91
110070xx0200xx 膀胱癌の経尿道的手術 33 7.00 7.44 3.03% 75.45
11013xxx06xxxx 膀胱結石の経尿道的手術 14 6.07 5.75 14.29% 72.64
110310xx99xx0x 腎臓・尿路感染症の治療 14 9.64 12.43 21.43% 71.93
110200xx02xxxx 前立腺肥大症の経尿道的手術 13 11.77 9.98 0.00% 71.54

泌尿器科は、内科的疾患、外科的疾患を含む専門領域であり、診断から治療(薬物療法、手術療法など)までを一貫して行います。患者さんの内訳では、ER(救命救急センター)を持つ病院として、尿路性器外傷や膀胱タンポナーゼなどの泌尿器科救急患者や地域連携室経由の尿路感染症(尿路性敗血症)・尿路結石症(ESWL目的)の紹介患者も多いのが最大の特徴です。また、前立腺肥大症、尿路性癌、腎癌、膀胱癌に対する手術も施行しています。


皮膚科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 蜂窩織炎の抗菌薬治療 13 11.46 11.97 0.00% 76.85
080020xxxxxxxx 帯状疱疹の抗ウイルス剤治療
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹のステロイド治療
080190xxxxxxxx 脱毛症の治療
080110xxxxx0xx 水疱性類天疱瘡の治療

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

外来診療が主体ですが、帯状疱疹や蜂窩織炎(皮膚の細菌感染症)、皮膚癌の手術などでは入院での加療を行っています。皮膚外科手術はホクロやイボなどの良性腫瘍から皮膚癌まで、必要に応じて形成外科医と連携しながら行っています。また、湿疹から皮膚癌まで皮膚科疾患全般に対応しており、当院で治療が完結できるよう努めています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 85 10 15 1 第7版
大腸癌 19 25 13 2 第8版
乳癌 1 第7版
肺癌 27 1 第7版
肝癌 11 28 18 86 2 第6版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

※病期分類基準 1:UICC TNM分類、 2:癌取扱い規約
※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

・5大癌について、胃癌、乳癌、肺癌については、癌の進行度を判定する基準として国際的に用いられている国際がん対策連合(UICC)採用の分類法『UICC TNM分類』を、大腸癌、肝癌については、国内の関連学会・研究会が編集した『癌取扱い規約分類』を用いてステージ毎の患者数を集計しています。当院において癌の診断、初回治療を行った症例を「初発」として、stageⅠ~stegeⅣ(stageⅣが最も進行した状態)に分類し、初回治療以降に継続治療を行った症例を「再発」としています。初発例としてカウントした症例は再発例にはカウントしていません。また、集計期間内に同一患者さんが複数回入院した場合には、1回ではなく、入院回数分カウントしています。

胃癌の初発症例の延入院件数は118件で、stageⅠの早期発見が85件と多く、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を63件行っています。開腹手術は26件、腹腔鏡下手術は15件行っています。

大腸癌の初発症例の延入院件数は55件、手術件数は内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)1件、開腹手術20件、腹腔鏡下手術14件でした。StageⅡ、Ⅲの進行した状態での診断および治療開始となる症例の割合が多くなっています。

肺癌の初発症例の延入院件数は45件、開胸手術3件、胸腔鏡下手術14件でした。大腸癌と同様に、進行した状態での診断および治療開始となる症例の割合が多くなっています。

肝癌の初発症例の延入院件数は64件、開腹手術件数は11件でした。再発症例も含めた経カテーテル的肝動脈化学塞栓術(TACE)を74件、肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(RFA)を51件行っています。他の部位と比べて、再発患者数が多くなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 33 7.82 51.88
中等症 163 17.89 78.04
重症 44 23.66 83.36
超重症 18 35.89 88.89
不明 0 0.00 0.00

全258件の内訳は、軽症33件(12.8%)、中等症163件(63.2%)、重症44件(17.1%)、超重症18件(7.0%)となっており、人工呼吸管理を必要とした症例は20件でした。重症度が高くなるほど入院日数は長く、年齢は高くなっていることがわかります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 41 6.29 73.27 2.44%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%
I63$ 脳梗塞 3日以内 378 19.04 76.48 54.76%
その他 25 17.04 74.80 52.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 13 8.08 74.46 7.69%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他 0 0.00 0.00 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00%
その他 0 0.00 0.00 0.00%

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

全体の91.2%の患者さんが発症日から3日以内に受診されています。
脳梗塞急性期治療ではtPA投与(血栓溶解療法)を積極的に行なっており、平成28年度は40件に投与しています。24時間365日いつでもt-PAが投与できる体制になっており、さらに血管内再開通療法も行える県内では数少ない施設の一つです。また、2012年4月よりSCU病棟(Stroke Care Unit)が開設しており、神経内科医、脳神経外科医が24時間常駐して早期診断・治療が最も重要な脳卒中に対応しています。I63$の脳梗塞では、当院で約20日間の治療およびリハビリを行い、そのうちの半数以上の患者さんが、グループの近森リハビリテーション病院や他の医療機関の回復期リハビリテーション病棟等に転院し、リハビリを継続されています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術  (労作性狭心症、陳旧性心筋梗塞) 348 3.94 3.11 2.01% 71.85
K616 四肢の血管内治療 (末梢動脈疾患) 231 7.10 13.17 13.42% 75.55
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの (不整脈) 97 1.48 4.56 0.00% 64.31
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合(不整脈) 97 3.64 11.02 12.37% 80.81
K596 体外ペースメーキング術 (不整脈) 78 2.00 17.64 20.51% 78.83

冠動脈カテーテル治療の症例が多く、労作性狭心症・陳旧性心筋梗塞348件、不安定狭心症73件、急性心筋梗塞69件のステント留置術や、パルーン拡張術など全て合計すると571件施行しています。この他に、下肢閉塞性動脈硬化症、重症下肢虚血に対する血管内治療231件、徐脈性不整脈に対するペースメーカー移植・交換術118件、各種不整脈に対する高周波カテーテルアブレーション治療145件施行しています。


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 (胆管結石、胆管炎) 272 2.92 15.69 15.44% 77.96
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2cm未満 (結腸ポリープ) 156 1.49 1.59 1.28% 69.69
K654 内視鏡的消化管止血術 (上部消化管出血) 124 1.65 8.44 12.10% 72.40
K6872 内視鏡的乳頭切開術 胆道砕石術を伴うもの(胆管結石、胆管炎) 84 4.94 8.58 11.90% 78.26
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの(胆管結石、胆管炎) 82 5.66 11.83 15.85% 76.00

胆管炎に対する内視鏡的胆道ステント留置術が272件と最も多く、結腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ切除術が156件、出血性胃・十二指腸潰瘍に対する内視鏡的消化管止血術が124といずれも100件を超えています。この他に、胆管結石、胆管炎に対する内視鏡的乳頭切開術166件(胆道砕石術を伴うもの 84件、乳頭括約筋切開のみのもの 82件)、内視鏡的胆道結石除去術147件(胆道砕石術を伴うもの 69件、伴わないもの 78件)、経皮的胆管ドレナージ術34件、内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術45件、肝癌に対する経カテーテル的肝動脈化学塞栓療法75件、肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法47件、早期胃癌に対する粘膜下層剥離術(ESD)63件、食道静脈瘤に対する内視鏡的食道静脈瘤結紮術25件、食道静脈瘤硬化療法15件施行しています。


呼吸器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K508-3 気管支熱形成術 (難治性気管支喘息)

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

気管支熱形成術は、我が国では2015年4月より保険適応がされた治療手技で、当院では2016年6月に初回症例の治療を行っている。
当院では治療を全身麻酔下で施行している。治療前、治療後の経過は他施設と同様の経過と考えられる。


消化器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 (胆のう炎) 102 1.52 4.74 2.94% 63.53 PDF
K6335 ヘルニア手術 (鼠径ヘルニア) 30 1.00 2.33 3.33% 67.47 PDF
K639 急性汎発性腹膜炎手術 (結腸穿孔) 28 1.32 32.36 25.00% 71.96
K726 人工肛門造設術 (大腸癌、大腸穿孔) 26 3.00 25.00 26.92% 70.81
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの(虫垂炎) 25 0.64 2.72 0.00% 33.28 PDF

急性・慢性胆のう炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が102件と最も多く、他にも、ヘルニア手術66件(鼠径30件、腹腔鏡下鼠径10件、腹壁7件、大腿7件、臍4件など)、結腸癌に対する手術33件(開腹手術19件、腹腔鏡下手術14件)、消化管穿孔性腹膜炎に対する急性汎発性腹膜炎手術36件、癌や炎症性腸疾患に対する一時的・永久的な人工肛門造設術26件、急性・慢性虫垂炎に対する手術37件(開腹手術3件、腹腔鏡下手術34件)、胃癌に対する手術37件(開腹手術24件、腹腔鏡下手術13件)などを施行しています。

詳しくは年報をご覧ください。

▶年報のページへ移動


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 (鼻骨骨折) 35 1.00 4.23 0.00% 35.23 PDF
K0843 四肢切断術 指(手、足) (閉塞性動脈疾患) 12 8.33 35.08 25.00% 72.75
K427 頬骨骨折観血的整復術 (頬骨骨折) 12 2.67 5.08 0.00% 49.42 PDF
K0132 分層植皮術 25cm2以上100cm2未満 (皮膚潰瘍) 10 17.00 18.70 20.00% 57.00
K043-33 骨髄炎手術 骨、膝蓋骨、手、足その他 (骨髄炎)

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

鼻骨骨折に対する手術が35例、頬骨骨折に対する手術が12例と顔面骨骨折が多く、この他にも新鮮熱傷が4例、顔面軟部組織損傷が7例、手、足の外傷が14例、先天異常が2例、母斑、血管腫、良性腫瘍が5例、悪性腫瘍が2例、瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイドが2例、褥瘡、難治性潰瘍が3例など行っています。

詳しくは年報をご覧ください。

▼年報のページへ移動


呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) (自然気胸) 10 4.80 3.56 10.00% 37.50
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの (肺癌)
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 (肺癌)
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 (肺癌)
K5143 肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの (肺癌)

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

肺癌に対する手術は17例で、開胸肺葉切除3例、胸腔鏡下肺葉切除8例、胸腔鏡下部分切除3例、胸腔鏡下区域切除3例でした。自然気胸に対しては、原則、再発症例および空気洩れが続く場合を対象として胸腔鏡下手術10例でした。肺癌の手術では胸腔鏡を用いた低侵襲手術を心がけおり、術前術後を通してリハビリスタッフが関わり、術後の早期離床を促し、自宅退院が主ですが、患者さんの希望で転院することもあります。約10日間の入院で治療を終え、退院されています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿骨頚部骨折) 174 4.68 23.58 90.23% 82.66 PDF
K0811 人工骨頭挿入術(大腿骨頚部骨折) 95 5.11 20.65 87.37% 81.25 PDF
K0821 人工関節置換術(変形性膝関節症) 72 1.04 16.54 91.67% 77.28 PDF
K0821 人工関節置換術(変形性股関節症) 71 1.69 14.14 88.73% 69.97 PDF
K0731 関節内骨折観血的手術(大腿骨頚部骨折) 38 1.11 18.05 84.21% 80.47 PDF

大腿骨頚部骨折に対する手術が269件(骨折観血的手術174件、人工骨頭挿入術95件)と最も多くなっており、平均年齢は80歳を超えています。また、約9割の患者さんがリハビリテーションを継続するため、グループの近森オルソリハビリテーション病院や他の地域の医療機関に転院されます。慢性疾患では膝・股関節とも人工関節手術が徐々にではありますが増加しており、膝の人工関節置換術は72件、股関節の人工関節置換術は71件施行しています。この他にも、四肢の骨折に対する手術、肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)に対する関節鏡下手術などを施行しています。


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術(外傷性・非外傷性慢性硬膜下血腫) 71 1.87 14.27 29.58% 78.87
K178-4 経皮的脳血栓回収術(心原性脳塞栓症) 29 0.14 18.55 75.86% 76.10
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所(くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤) 24 0.58 24.21 62.50% 63.63
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術(脳内出血) 20 1.30 24.55 100.00% 75.75
K189 脊髄ドレナージ術(くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤) 19 1.21 28.53 78.95% 62.63

慢性硬膜下血腫に対する手術が71例、脳動脈瘤に対するクリッピング術が27例、内頚動脈狭窄症に対する内膜剥離術が14例、非外傷性脳内出血に対する血腫除去術が30例(開頭血腫除去術13例、内視鏡的血腫除去術15例、定位的血腫除去術2例)、外傷性急性硬膜下血腫に対する血腫除去術が26例、頭蓋内腫瘍摘出術が5例などを行っております。血管内治療では、経皮的脳血栓回収術が37例、頚動脈ステント留置術が15例、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術11例などを行っています。
手術室はICG(インドシアニングリーン)蛍光血管造影が可能な顕微鏡、ナビゲーションも使用できる環境にあり、適宜MEP等のモニタリングも行って安全な手術を心がけています。また、血管内治療では、バイプレーンによる2方向からの透視とCTを兼ね備えたIVR-CTにより、より安全な治療と迅速な検査が可能となっています。

詳しくは年報をご覧ください。
▶年報のページへ移動


心臓血管外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈バイパス術 2吻合以上のもの(心筋梗塞、狭心症) 71 5.31 14.97 32.39% 70.85 PDF
K5551 弁置換術 1弁のもの(心臓弁膜症) 39 6.95 19.10 30.77% 76.38 PDF
K555-22 経カテーテル的大動脈弁置換術(心臓弁膜症) 32 6.16 11.28 18.75% 86.06 PDF
K5606 大動脈瘤切除術 吻合・移植 分枝血管の再建を伴うもの(腹部大動脈) 28 4.71 10.61 14.29% 72.96 PDF
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈(透析シャント閉塞、閉塞性動脈疾患) 17 3.35 14.59 47.06% 72.41

●2016年手術件数
■心臓手術…209件
■胸部大動脈…45件
■腹部大動脈…46件
■末梢血管…144件
■その他…54件
(2016/1~2016/12抽出データ)

詳細は年報をご覧ください。
▶年報のページへ移動

▶参考資料:年間手術件数


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K738-2 経尿道的尿管ステント留置術(尿路結石、尿路感染症) 94 2.74 6.30 5.32% 62.93
K7811 経尿道的尿路結石除去術(尿路結石) 74 2.86 4.20 4.05% 60.77
K8036イ 経尿道的膀胱腫瘍切除術(膀胱腫瘍、膀胱癌) 34 3.29 4.09 5.88% 75.91
K764 経皮的尿路結石除去術(経皮的腎瘻造設術を含む。)(腎結石症) 19 1.37 6.11 0.00% 53.58
K7981 膀胱結石、異物摘出術 経尿道的手術(膀胱結石症) 18 1.50 4.06 11.11% 72.06

高齢者の尿路結石に伴う尿路感染症(尿路性敗血症)の患者さんが多く紹介され、緊急の尿管ステント留置術や、腎瘻造設術が増加しています。尿路結石に対する手術は74件、膀胱腫瘍に対する手術は34件、腎瘻造設術は20件施行しています。尿路性器癌の患者さんでは、前立腺癌に対する手術は4件、腎癌および腎盂尿管癌に対する手術は6件、膀胱癌に対する手術は37件施行しています。また、前立腺肥大症に対する手術は13件施行していますが、高齢で合併症が多く、手術不能な症例が増加傾向にあります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 33 0.32%
異なる 24 0.24%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 0 0.00%
180040 手術・処置等の合併症 同一 65 0.64%
異なる

※10症例未満は個人情報保護のため-(ハイフン)を表示しています

「敗血症」とは、感染が全身の血管や組織に広がり、重い症状になった状態のことをいいます。このような状態では、細菌の出すエンドトキシン(発熱物質)などが白血球の一種である単球やマクロファージの表面に組織因子を生じさせて凝固反応が始まり、血管内皮細胞の抗血栓性が低下して血栓(血液のかたまり)が生じます。「播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群(DIC)」では、このように基礎疾患が悪化して、全身の血管に小さな血液のかたまり(微小血栓)が無数に生じる病態です。細い血管が詰まるため、血流が妨げられて、酸素や栄養などが組織に届かなくなり、腎臓や肺などの臓器障害を起こし、生命に重大な危険をもたらします。当院での播種性血管内凝固症候群と敗血症の出現率は、全国のDPC病院の平均値と比較して低い数値となっています。

「手術・処置の合併症」は、術創部の感染、内視鏡手術後の創部出血、透析シャント閉塞、人工股関節の脱臼などがあります。約96%が入院の契機傷病名と同一であり、手術、処置の後に退院となり、自宅・施設等で発症し、再入院となったものです。手術、処置の合併症は一定の確率で発生しますが、手術前に合併症についての説明を行い、手術にあたっては合併症を起こさないように細心の注意を払って手術を行っています。

「その他の真菌症」は、真菌による感染症で、代表的な真菌症として白癬やカンジダ症、クリプトコックス症、アスペルギルス症などが挙げられます。当院での症例はありませんでした。

更新履歴