TOPICS!ひろっぱ5月号のご紹介

近森会グループ誌「ひろっぱ5月号」が完成しました。
今月号は3月に初期研修医修了式、4月入社式、近森病院附属看護学校4期生入学式などたくさんのイベント報告があり、合計20頁で350名を超す大人数の笑顔が誌面を飾っています。
ぜひご覧ください。

【今月のおすすめ記事】

■表紙 高知ハビリテーリングセンター10周年
2006年に近森会グループ入りした社会福祉法人ファミーユ高知。
ハビリテーリングセンターは2008年4月1日に、県からの高知県立身体障害者リハビリテーションセンターの移管を受け誕生しました。
ノーマライゼーションの実現をめざし、自らの人生を主体的に生きるための社会生活力を高めるためのトレーニングセンターとしての使命と役割を果たしていきたいと考えています。

■10面 2017年度臨床研修修了式
初期研修医9人とたすき掛けプログラム1人が無事研修を修了し、土佐の海から世界の海へ船出をします。 それぞれ道は違いますが、当院で培った力を存分に発揮し、各方面での活躍を期待しています。研修医たちの今後の抱負や充実した笑顔をぜひご覧ください。

■20面 近森病院附属看護学校 入学式
2015年4月に開校してから早3年、学びや実践を経験した一期生が卒業しました。おめでとう!

*5月号全ページはこちらからどうぞ

※バックナンバーはこちらからどうぞ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク