整形外科

統括部長 衣笠清人

2016年度は4月から統括衣笠、上田・西井の各部長におよび2011年10月に宮崎から赴任した自治医大卒後16年目の井ノ口科長、岡大からは卒後20年目の三宮科長、2014年4月に尾道市民病院から転入し、やや遅れながらも昨年専門医となった卒後13年目の高田、帝京大学外傷センターからやって来て救急専門医から整形外科医への転身を成し遂げた卒後13年目の中山、当院後期研修医から今や筆頭レジデントとも言うべき立場となった整形外科専門医小田、さらに福山市市民病院から転入して2年目整形外科4年目(卒後9年目)の後期研修医定金、4月に岡山光生病院から転入してきた整形外科専門医田中の総勢10名と久々の後期研修医フレッシュ三人組の芝・川真田・藤原、さらにはオルソリハビリテーション病院の院長として鄭明守先生・診療部長西田一也先生がしっかりと連携・指導してくれておりますので、整形外科グループとしては昨年より増えて15名という新体制で診療を開始いたしました。ちなみに4年間在籍した林は3月末日を以て退職し、広島県の三原市民病院へ移動しました。
スタッフ全員の力を結集してなんとかしのぐ状況は今年度もまた続きました。
そんな中10月には三宮が部長に昇格しました。また本年度もみちなか整形外科クリニックの道中泰典先生が非常勤で木曜日だけは終日ヘルプに来てくれました。スタッフ(の力量?)が不足している中、今年もまた大いに助けていただきました。
2011年5月に当院が高知県で3番目の救命救急センターの指定を受けたことを機に1名を救命センターの所属医としていましたが、4年前3人もの大幅減員となり、これを続けることができなくなりました。ERの根岸部長には誠に申し訳なく思っています。しかし本年度は3名の後期研修医が我が整形外科チームに加わってくれましたので、きっと遠くない将来よりよい体制作りができると信じております。
2011年11月に完成した外来センターでの完全予約制の専門外来は安定してまいりました。また外来センター8階北側の整形外科医局はカンファレンスルームも含め、極めて機能的で大いに役立っています。そして本館病棟解体後、現在の本館A棟となった新館の建築が2014年8月に完成した後6B・C病棟の改装が12月には終了しましたので、本年度も6B・6C・北館3階病棟を主たる病棟として運用いたしました。多いときは100人以上の入院患者をかかえ、昨年と同様ドタバタと落ち着かない1年が過ぎて行ったという感じです。
手術件数は2219件【表1】 と前年度より少し増加しました。本館A棟の完成後2014年9月に改装終了し全11室となった手術室は3、4、5、11番ルームが当科の専用となっていますが、その他のルームも運用の都合に合わせて用いることができました。当然4列同時手術も可能となっています。
手術の内容に関する特徴としては高齢者の手術が外傷・慢性疾患ともに増加し、多発外傷も高齢者に多く発生する傾向が見られます。慢性疾患では膝・股関節とも人工関節手術が徐々にではありますが、増え続けてきており今年度は合計142例でした。また下腿近位や遠位の骨切り術も増加中で変形治癒矯正骨切りも含めて32例行いました。こちらも来年度にはさらに増加していくことと思います。しかし本来得意とする重症外傷手術が減少しているというのは誠に残念なことですので、救命救急センターの定着により骨盤骨折や多発外傷・四肢開放骨折の症例数が増加することを大いに期待しております。また近年当科では外傷ばかりでなく、足の外科・イリザロフ創外固定・イリザロフ法について理解度を深め、診療レベルを向上させたいとの考えから様々な活動を行ってまいりました。
主催する研究会としては8月27日(土)に「第4回四国足の外科研究会」をゲストに東京から聖マリアンナ医科大学整形外科教授仁木久照先生をお招きして開催し、
2017年1月28日(土)に「第4回黒潮イリザロフ法セミナー」を福島県立医科大学外傷学講座教授・総合南東北病院外傷再建センター副センター長寺本司先生、福島県立医科大学外傷学講座准教授・総合南東北病院外傷再建センター竹中信之先生、秋田大学整形外科助教野坂光司先生を招聘し開催しました。
また3月25日(土)には「第6回黒潮整形外傷カンファレンス」をやはり管理棟3階大会議室にて行います。今回も全国的に著明なドクターに大勢参加していただき、昨年の第5回よりもさらに盛会になることを期待しております。すべての研究会においてご参加いただいた先生方に感謝するとともに新年度以後もさらに活発に展開していきたいと思っております。
また、昨年度初めて初期臨床研修医に対するアプローチとして11月21日(土)に「高知救急外傷処置・手術ジュニアレジデントワークショップ」を開催しました。滅菌豚足を用いたウェットラボですが、概ね好評だったので、本年度は10月29日(土)に第2回を行ないました。こちらも続けて企画して行こうと思います。学会発表は41題、論文12編、学術講演6題を行いました。昨年度より全体にかなり活発になってきました。こちらも関心分野をさらに広げたり、外部からの仕事を可能な限り引き受けることで積極的に行っていくつもりです。AOTrauma Fellowship Host Centerには2016年3月にインドからのベテランAO fellowが6週の短期研修にいらっしゃいました。2017年1月にはポーランドから4週の、3月にはブルガリアからやはり4週の、8月には台湾から6週の予定で研修に来られます。毎年海外から研修に来ていただけるのはスタッフ全員の刺激にもなり、誠に喜ばしいことであります。最後に昨年度末には中山が整形外科専門医試験を受け合格しました。今後彼には救急専門医・整形外科専門医として新専門医制度における両科の指導医としてバリバリ活動してもらう予定でした。諸般の事情で3月末で退職することになったのは誠に残念なことであります。ともあれ、病院も新体制となり新年度も整形外科診療はますます忙しくなることが予想されます。関係各位の変わらぬご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

表1

 

 

 

 

 

 

 

 

学会発表

学会名 発表日
演題 演者 
   
第99回高知整形外科集談会  2月6日
「脛骨高原骨折に対するcombined approach」
  • 上田英輝
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
「Hansson Pinloc Systemを用いた大腿骨頚部骨折の治療経験」
  •  井ノ口崇
  • 衣笠清人
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
第28回日本肘関節学会  2月11、12、13日
「上腕二頭筋遠位腱皮下断裂の2例 (ポスター)」
  • 西井幸信
  • 衣笠清人
  • 上田英輝
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
第46回日本人工関節学会  2月16、17日
「NexGen LPS-Flex Mobile Bearing Kneeの中期成績」
  •  三宮将典
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 井ノ口崇
第3回九州足の外科研究会  3月5日
「大腿骨外顆骨壊死が外傷後足関節症に対するDTOOによって改善した1例」 ・ 西井幸信
・ 衣笠清人*N-ASAMI
・ 寺本司
・ 原田将太
・ 高木基行
・ 竹中信之
・ 大塚和孝
・ 牧野佳朗
・ 浅原智彦
・ 田代宏一郎
・ 高木謙司郎
第29回日本創外固定学会 3月18、19日
「イリザロフ創外固定を用いた足関節骨折の治療」 ・西井 幸信
・衣笠 清人
・林拓男*N−ASAMI
・寺本司
・竹中信之
・原田将太
・高木基行
・浅原智彦
・大塚和孝
・田代宏一郎
・牧野佳朗 
第126回中部整形外科災害外科学術集会  4月8-10日
「足関節における脛骨遠位部形態のX線学的検討」
  •  西井幸信
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
「Orthofix創外固定を併用して治療したリスフラン関節脱臼骨折」
  •  髙田直樹
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 井ノ口崇
「ヒンジ付き創外固定を用いて治療した肘関節外側脱臼の一例」
  •  定金雅之
  • 衣笠清人
第89回日本整形外科学会学術総会  5月12ー15日
「鎖骨遠位端骨折に対するCerclage Wire 併用 Tension Band Wiring法」
  •  衣笠清人
第22回救急整形外傷シンポジウム 6月17、18日
「多発外傷で下肢の広範囲デグロービング損傷のために複数回手術を要した一例」
  •  西井幸信
  • 衣笠清人
15th Biennial Conference of the International Society for Fracture Repair
ードイツ ミュンヘン
 6月7-10日
「Analysis of lateral malleolar length of the ankle joint」 ・Yukinobu
   Nishii
・Kiyoto
  Kinugasa*FUKUSHIMA Medical University, Traumatology
・Takashi
  Matsushita
・Nobuyuki
  Takenaka
・Tsukasa
  Teramoto
・Shota Harada
第37回日本リハビリテーション医学会 中国四国地方会  6月26日
「変形性膝関節症に対する脛骨顆外反骨切り術の治療経験」
  •  三宮将典
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 井ノ口崇
第42回日本骨折治療学会  7月1-3日
「踵骨骨折に対する治療戦略」
  •  衣笠清人
「足関節果部骨折における腓骨整復の意義」
  • 西井幸信
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
「HanssonPinLoc systemを用いた大腿骨頚部骨折の治療経験」
  • 井ノ口崇
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
「上腕骨近位端骨折術後症例におけるPHILOS抜釘症例の検討」
  • 中山雄平
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
「大腿骨転子部骨折に対する再手術例についての検討」
  • 定金雅之
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
第25回MX研究会  7月23日
「Porous tantalum臼蓋コンポーネントを用いたTHAの短期治療成績」
  • 三宮将典
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 井ノ口崇
第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS 2016)  7月28-30日
「若年者の膝蓋骨下極骨折に対して非吸収性縫合糸を用いて骨接合術を行った1例 (ポスター)」
  • 髙田直樹
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
第4回四国足の外科研究会 8月28日
「両側の複数外反趾に対して中足骨骨切り術を行った1例」
  • 西井幸信
「外反第2足趾にリスフラン関節症を合併した症例の治療経験」
  • 定金雅之
  • 衣笠清人
  • 西井幸信
第22回日本運動器再建・イリザロフ法研究会 9月3日
「大腿骨転子下骨折後の大腿骨短縮に対して下腿骨延長を行った一例」 ・ 西井幸信
・ 衣笠清人*福島県立医大外傷学講座・総合南東北病院外傷センター
・ 寺本 司
第16回高知骨折研究会  9月12日
「大腿骨転子部骨折(AO:31‐A3)、転子下骨折における当院での治療成績の検討」 ・ 小田和孝
・ 衣笠清人
・ 上田英輝
・ 西井幸信
・ 三宮将典
・ 井ノ口崇*近森オルソリハビリテーション病院
・ 西田一也
第1回キューバ国際創外固定学会 9月27日
「The clinical results of ilizarov external fixation for the ankle fracture with osteoporosis」 ・Yukinobu
  Nishii
・Kyoto    
  Kinugasa*N−ASAMI
・Tukasa  
  Teramoto
・Nobuyuki
  Takenaka
・Tomohiko
  Asahara
・Motoyuki
  Takaki
・Shota
  Harada
第127回中部日本整形外科災害外科学会  9月30日、10月1日
「上腕骨近位端骨折に対するMIPO法によるプレート固定術」
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
「踵骨嘴状骨折(Beavis分類 typeII)の治療経験」
  • 井ノ口崇
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
「Twin Hook systemによる不安定型大腿骨頚部骨折の治療成績」
  • 田中千晴
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
「MultiLoc proximal humeral nailによる上腕骨近位端骨折の治療成績」
  • 藤原麻美
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
第49回中国・四国整形外科学会  10月22日、23日
「陳旧性アキレス腱断裂の治療成績」
  • 髙田直樹
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
「尺骨肘頭骨折におけるTension band wiringの治療成績」 ・川真田純
・衣笠清人
・西田一也
・上田英輝
・西井幸信
・三宮将典
・井ノ口崇*近森オルソリハビリテーション病院
・西田一也
・鄭明守
「膝蓋骨骨折に対するTension Band Wiringの治療成績」
  • 芝太郎
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
第44回日本関節病学会  11月11、12日
「変形性膝関節症に対する脛骨顆外反骨切り術の短期治療成績」
  • 三宮将典
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 井ノ口崇
第41回日本足の外科学会・学術集会  11月17、18日
「足関節内果疲労骨折におけるX線画像上の特徴」 ・西井幸信
・衣笠清人
・西田一也*総合南東北病院 外傷・再建センター
・寺本司
・竹中信之
・高木基行
・原田将太*長崎記念病院 整形外科
・大塚和孝

*長崎医療センター 整形外科
・浅原智彦

「膝・足部疾患における足関節腓骨外果部形態の検討」  ・西井幸信
・衣笠清人
・西田一也*総合南東北病院 外傷・再建センター
・寺本司
・竹中信之
・高木基行
・原田将太*長崎記念病院 整形外科
・大塚和孝

*長崎医療センター 整形外科
・浅原智彦

第10回四国外傷治療研究会  11月27日
「不安定型大腿骨転子部骨折における癒合不全となった症例の検討」
  • 井ノ口崇
  • 衣笠清人
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
「橈骨遠位端骨折に対するDVRアナトミックプレートを用いた治療成績 ー ロッキングプレートの適応と限界ー」 ・小田和孝
・衣笠清人
・上田英輝
・西井幸信
・三宮将典
・井ノ口崇*みちなか整形外科クリニック
道中泰典
「Ortho-SUVを用いた変形治癒骨折の矯正 (ワークショップ)」
  •  西井幸信
第101回高知整形外科集談会  12月3日
「下腿骨幹部骨折における髄内釘による骨癒合期間の検討」 ・川真田純
・衣笠清人
・西田一也
・上田英輝
・西井幸信
・三宮将典
・井ノ口崇*近森オルソリハビリテーション病院
・西田一也
・鄭明守
「膝蓋骨骨折に対するTension Band Wiringの治療成績」
  • 芝太郎
  • 衣笠清
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇

■講演

学会名 発表日
演題 演者 
   
第1回整形外傷人工骨研究会  1月16日
「外傷分野におけるα-TCPの適応と限界」
  • 衣笠清人
Stryker Hip Fracture Symposium 2016  6月12日
「矢状面剪断骨折(Pauwels TypeIII)
どうする?骨接合?インプラントは?人工物置換の選択肢は? 」
  • 衣笠清人
Stryker Hip Fracture Symposium 2016  7月10日
「矢状面剪断骨折(Pauwels TypeIII)
どうする?骨接合?インプラントは?人工物置換の選択肢は? 」
  • 衣笠清人
第1回裏磐梯イリザロフ法セミナー  8月6日
「Pilon骨折に対するプレート固定法」
  • 衣笠清人
第25回兵庫県骨折研究会 10月8日
「踵骨関節内骨折に対する手術治療戦略」
  • 衣笠清人
日本骨折治療学会 第8回アドバンスコース研修会 10月10日
「Pilon骨折 適応と手術手技;プレート固定法」
  • 衣笠清人

誌上発表

冊子  
タイトル 著者 
   
整形外科Surgical Technique Vol.6 No.2 Page.132-138 (2016.04.10)  
上腕骨遠位端骨折の治療 判断に迷う症例にどう立ち向かうか
2[アナトミカルロッキングプレート(ALP)固定法]プレート骨接合術
LCP Distal Humerus Plates
  • 上田英輝
OPE Nursing Vol.31 No.12 Page.1270-1271 (2016.12.01)  
整形外科医が選ぶ
「なぜ?」がわかる!特徴別インプラントCHOICE MEMO
5)大腿骨転子部骨折の内固定材料
  • 上田英輝
OPE Nursing Vol.31 No.12 Page.1240-1249 (2016.12.01)  
「どう使う?」「どう組み立てる?」
整形外科の器械・インプラント取り扱いすっきりマニュアル
6)大腿骨転子部骨折手術
  • 上田英輝
JOSKAS Vol.41 No.2 Page.474-475 (2016.04.25)  
トモシンセシスを用いた下肢アライメントの評価
  • 西井幸信
  • 衣笠清人
  • 上田英輝
日本足の外科学会雑誌 Vol.37 No.1 Page.284-287 (2016.09.01)  
手術治療を行った足関節内果疲労骨折の検討
  • 西井幸信
  • 衣笠清人
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
  • 高田直樹
  • 定金雅之
中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.59 No.6 Page.1185-1186 (2016.11.01)  
足関節における脛骨遠位部形態のX線学的検討
  • 西井幸信
  • 衣笠清人
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
  • 高田直樹
  • 定金雅之
日本関節病学会誌 Vol.35 No.3 Page.308 (2016.10.14)  
変形性膝関節症に対する脛骨顆外反骨切り術の短期治療成績
  • 三宮将典
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 井ノ口崇
骨折 Vol.38 No.3 Page.692-695 (2016.06.25)  
大腿骨転子下骨折の治療経験
  • 井ノ口崇
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
中部日本整形外科災害外科学会雑誌
Vol.59 秋季学会号 Page.298 (2016.09.01) 
 
踵骨嘴状骨折(Beavis分類type2の治療経験) 
  • 井ノ口崇
  • 衣笠清人
  • 西田一也
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
骨折 Vol.38 No.4 Page.889-892 (2016.09.25)  
上腕骨近位端骨折に対するPHILOSを用いた骨接合術の合併症
  • 中山雄平
  • 衣笠清人
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
中部日本整形外科災害外科学会雑誌 Vol.59 No.1 Page.31-32 (2016.01.01)  
大腿骨頚部前額面剪断骨折に対する骨接合術の検討
  • 定金雅之
  • 衣笠清人
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇
中部日本整形外科災害外科学会雑誌
Vol.59 No.6 Page.1225-1226 (2016.11.01)
 
肘関節外側脱臼骨折に対しヒンジ付き創外固定を用いて治療した1例 

 

  • 定金雅之
  • 衣笠清人
  • 上田英輝
  • 西井幸信
  • 三宮将典
  • 井ノ口崇