感染症内科

部長 石田 正之

当科は2015年にスタートした診療科で、2年が経過した。

昨年同様、まだまだ手探りの状況が続いている。実際には、感染症疑われる症例やすでに感染症の診断がなされているが、治療経過が思わしくない難治症例、不明熱症例などの院内コンサルト症例や、渡航関連感染症が疑われる外来症例を中心に診療を展開した。

また感染対策委員会として、ICTチームへの協力を通じて、院内感染対策にも力を注いでいる。

特に感染症診療に必要不可欠な細菌検査技師、薬剤師とは不定期ではあるものの、レクチャーや症例検討を行い、お互いの質の向上に努め、引き続き各種資格の取得のための研鑽を積んでいます。また次世代の若手医師に対して、レクチャーや実際の症例を通して、感染症診療の考え方を教育している。

昨年から引き続き、感染症学会から蚊媒介感染症専門医医療機関ネットワーク活動において、蚊媒介感染症専門医療機関(http://www.kansensho.or.jp/mosquito/medical_list.html)に指定されており、専門的な診療を継続している。

また近年話題になり、増加の一途をたどっている、肺炎に関して、その一番多い原因となっている、肺炎球菌に対してのワクチン接種に関して、積極的に推奨を行っている。成人に使用できる肺炎球菌のワクチンは大きく2つあり、多糖体ワクチンのニューモバックス(PPSV-23)と結合型ワクチンである、プレベナー(PCV-13)があります。当院では両ワクチンを常備しており、希望される方には速やかに接種が行える環境を作っています。2015年はPPSV-23を118例に、PCV-13を104例に接種しました。2016年はPPSV-23を188例、PCV-13を67例に接種しています。治療だけなく、疾病予防にも力を注いでいきたいと考えています。ワクチンに関しては、診療のみならず、実際の予防効果を学術的に立証することも行い、その成果を学術誌に報告することができました。加えて新たなワクチンの作成に向けての国の機関や大学との共同研究も行っています。

また学術的な展開としては、厚労省「成人の侵襲性細菌感染症サーベイランスの構築に関する研究」の研究班に属し、重症感染症の共同研究を行っています。さらに抗生剤の臨床試験(創薬研究)にも参加しています。

このように、今後も臨床診療を中心に、教育、学術的な発信を継続していきたいと考えている。

■業績

学会発表

学会名 発表日
演題 演者
2016年 感染症学会総会
「病棟内で発生した、無莢膜型インフルエンザ菌による上気道炎のアウトブレイク:症例シリーズ研究」
  • 石田正之
  • 鈴木基
  • 白水里奈
  • 常彬
  • 大石和徳
  • 大西真
  • 森本浩之輔
  • 北村龍彦
「当院で経験したShewanella algae感染症の4例の検討」
  • 北岡 真由子
  • 榮枝 弘司
  • 中間 貴弘
  • 石田 正之
「Coryneform bacteriaが起炎菌となった肺炎症例の検討」
  • 石田正之
  • 中間貴弘
  • 森本瞳
  • 荒川悠
2016年 感染症西日本
Corynebacterium sp.が起炎菌となった肺炎症例の検討」
  • 石田正之
  • 森本瞳
  • 荒川悠
  • 高木理博
  • 森本浩之輔
「電撃的な経過で死亡に至ったHypermucoviscosity(HMV) phenotype Klebsiella pneumoniaeによる細菌性肺炎の1例」
  • 松浦洋史
  • 中間貴弘
  • 森本瞳
  • 森本徳仁
  • 森本浩之輔
  • 石田正之
「当院における侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)の検討」
  • 吉永詩織
  • 柳井さや佳
  • 森本瞳
  • 荒川悠
  • 中間貴弘
  • 石田正之
Moraxella catarrhalisによる急性感染性電撃性紫斑病(AIPF)の一例」
  • 木田遼太
  • 中間貴弘
  • 荒川悠
  • 石田正之
「糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)患者に認めたStreptococcus agalactiaeによる両側腸腰筋膿瘍の一例」
  • 古後 斗冴
  • 石田正之
  • 中間貴弘
  • 荒川悠
  • 高木理博
  • 森本浩之輔

■講演

学会名 発表日
演題 演者
高知県感染症研究会
「過粘稠性株Klebsiella pneumoniaeによる細菌性髄膜炎の一例」
  • 石田正之
高知県病院薬剤師会平成28年10月例会
「感染症診療における薬剤師の関わり -感染症診療の原則を踏まえて-」
  • 石田正之

論文発表

冊子
タイトル 著者
Lancet Infect Dis. 2017 Jan 23.
「Serotype-specific effectiveness of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine against pneumococcal pneumonia in adults aged 65 years or older: a multicentre, prospective, test-negative design study.」 Adult Pneumonia Study Group-Japan (APSG-J).

  • Suzuki M
  • Dhoubhadel BG,
  • Ishifuji T
  • Yasunami M
  • Yaegashi M
  • Asoh N
  • Ishida M
  • Hamaguchi S
  • Aoshima M
  • Ariyoshi K
  • Morimoto K
J Infect Chemother. 2016 Apr;22(4):235-9.
「The efficacy and safety of cefepime or meropenem in the treatment of febrile neutropenia in patients with lung cancer. A randomized phase II study.」 Lung Oncology Group in Kyushu (LOGIK).

  • 冊子情報
  • Fujita M
  • Matsumoto T
  • Inoue Y
  • Wataya H
  • Takayama K
  • Ishida M
  • Ebi N
  • Kishimoto J
  • Ichinose Y