内科

浜重 直久

平成28年度の医師の異動は、野島滋(3月)、中間貴弘(9月)、古川大祐(9月)各先生の退職、森本優子(4月から国立精神神経医療センターへ)、梅下仁(9月から名古屋医療センターへ)各先生の出向、上村由樹(2月)、大澤直人(4月)、矢野千春(4月)、田村恵理(4月),矢野慶太郞(4月)、田島萌夢(4月)、猪谷哲司(4月)、末吉裕幸(11月)各先生の着任があり、平成28年末現在49名の陣容となっています。初期研修医として、太田雄飛、大貫慧介、金子昌憲、木田遼太、竹之熊哲也、西田一平、橋田侑樹、平野孝司、溝渕周平、横田真二郎、西村拓哉、竹森大悟の計12人が近森病院での研修を開始し、それぞれ6ヶ月の内科研修をおこなっています。又、高知大学とのたすきがけ2年目の高﨑元樹、および医療センターの宗円幸子、幡多けんみん病院の露口恵理、冨士田崇子がそれぞれ1~3ヶ月の内科研修をおこなっています。

新たに、上村由樹先生が血液内科部長として着任し、またひとつ内科の診療や教育の幅がひろがりました。依光内科クリニック依光聖一先生には、これまで永い間骨髄穿刺や血液カンファレンスでお世話になり、ありがとうございました。ひきつづき、一森俊樹(消化器内科)、北村聡子(循環器内科)、吉村公比古(神経内科)各先生に、外来や検査、治療の応援にきていただき、大いに助けていただいています。呼吸器内科は中間先生の退職により石田先生一人となり、荒川悠先生に加えて長崎大学から鈴木基、伊藤博之、森本浩之輔各先生に応援にきていただくようになりました。高知大学放射線科名誉教授吉田祥二先生には、ひきつづき研修医の講義にきていただき感謝しています。

平成28年度の診療実績は、新入院患者7,218人(13.7%増、平均在院日数13.8日)、外来延べ患者数54,053人(6.5%増)でした(図1と図2参照)。救急受けいれ件数は6,947件(13.7%増)、おことわり件数は458件(28.0%減)とさらに改善しています。平成28年4月の診療報酬改定で、診療単価、稼働率とも低下し、先行投資もひびいて赤字続きで大変な年になりました。幸い、理事長の檄のもと、救急や外来の積極的な受けいれ、職員旅行中止や出張制限などの緊縮財政で、何とか9月から業績も改善し一安心です。経費節減のいろんな取り組みも、みんなイベントのように楽しんでいる近森の病院風土が救いですが、稼働率の増加、入退院数の増加でスタッフの疲労が蓄積しているのが心配です。

平成29年1月より、近森正康院長、川井和哉、入江博之両副院長の新体制がスタートします。これから医療をとりまく環境はますますきびしくなり、より緻密な経営戦略が求められていることと思いますが、医療は単なる経済活動ではなく、社会的使命感や奉仕精神も大切だと思います。何ができるか(can)ではなく何が本当に必要か(should)を考えるpatient-firstの姿勢を忘れず、これまで以上に患者さんや地域の先生方に信頼される近森病院であってほしいと願っています。

  • 図12017年報 内科 図1
  • 図22017年報 内科 図2