近森病院附属看護学校

近森病院附属看護学校

近森病院附属看護学校

■はじめに 平成28年4月に第2回(2期生)入学式を行いました。新入学生は43名で1・2学年を合わせると84名となります。年度当初は近森会グループの管理棟を昨年同様お借りしての授業でしたが、5月の連休明けに新校舎が完成し、すばらしい校舎での授業が始まりました。この新校舎完成には、近森会グループの多くの方々のご支援・ご協力あってのことと感謝しています。 新校舎建築に先立ち、平成28年2月には工事の安全祈願祭が実施され5月に無事完成しました。完成後間もなく新校舎に移転し、生まれ変わった新校舎のお披露目会にも多くの病院関係者や一般・地域の方々の参加を得て盛大に行うことができました。在校生の喜びも大きく、「自分たちの学校」と認識し、整った環境での学習に笑顔がこぼれ学習意欲も高まったのではないでしょうか。前年度より新校舎の学習環境の整備に向けた教材・教具や図書室、教室、実習室等検討してきた教職員の努力の結晶だと思います。 平成28年度の授業は、多数の講師、指導者に恵まれ順調に進みました。後期には、1期生(2年生)の本格的な臨地実習が近森グループ病院、グループ以外の病院やクリニック、保育所等で始まりました。学校の理念である「心豊かな人間性と高い実践力を持つ看護師」を目指し臨地での本格的な学習の開始です。特に母性看護学実習と小児看護学実習は幡多地域や愛媛県での実習となり、教職員は高い学習成果を期待する反面、無事に終了してくれること願いました。学生は実習グループメンバー間で助け合いながら粘り強く実習の成果を挙げていくことができました。 2期生(1年生)の初めての実習である基礎看護学実習Ⅰも無事終了することができました。 平成28年3月22日には高知県知事から専修学校としての認可を受けることができ、看護専門職を育てる学校としての評価を高めることができました。 近森病院附属看護学校は、学生のもつ可能性を最大限に開花できるような学校づくりを今後も行なっていく所存です。更なるご支援をお願いいたします。 【クリックで各内容へ移動します】 1.平成28年度看護学教育の概要 2.学生確保に向けた広報活動 3.学校行事に伴う活動 4.学校運営と管理 5.教育の質保障に向けた取り組み   1.平成28年度看護学教育の概要 ■新校舎完成、完成に伴うお披露目会 旧オルソリハビリテーション病院の敷地と建物を使用して行われた改築工事は、平成28年2月8日から始まり同年5月13日に竣工しました。 5月16日に、教職員はもちろん学生にとっても待ち望んだ新校舎への引っ越しが完了し、新しい学校生活がスタートしました。当日は、関係者を招いて内覧会を開催し、学校の設立時にお世話になった方々や、法人の職員の方々、学生達に新しくなった学び舎を見ていただきました。 翌17日には授業が始まり、午後には学校長と統括看護部長、法人内の各病院の看護部長をお招きして、学生と教職員で「新校舎完成を祝う会」を開催し、学生の手で飾り付けられたラウンジで新校舎の完成をお祝いしました。新校舎には、池田馨さんが描かれたフランスの風景画などの絵画を、教室や廊下、職員室などに飾らせていただいています。 ■専修学校の認可、それに伴う付帯事項 平成28年3月22日、高知県知事より学校教育法(昭和22年法律第26号)第130条第1項の規定に基づき、専修学校として認可を受けました。専修学校となる意義は、次のようなことが挙げられます。 ① 専修学校を卒業することで「専門士」の称号が付与され大学への編入学が可能となる。 ② 専修学校に在籍しながら通信大学とのダブルスクール制度を利用し、大学卒業資格が得られる。 ③ 専修学校の学生は、日本学生支援機構奨学金の貸与が可能となる。 ④ 勤労学生控除の適用となる。 ⑤ 学生の看護専門職としてのキャリア向上への志向が拡大する。 また、認可を受けたことにより卒業後に取得できる資格は※下線部分が追加となりました。 【卒業後に取得できる資格】 ・看護師国家試験受験資格    ・大学編入学試験受験資格 ・保健師・助産師学校受験資格   ・専門士(医療専門課程)の称号付与 ■平成28年度 カリキュラム 1年次には、基礎分野12単位270時間、 専門基礎分野14単位360時間、 専門分野Ⅰ14単位435時間、 専門分野Ⅱ2単位30時間、合計42単位1095時間の授業を行いました。 2年次は、専門基礎分野2単位45時間、 専門分野Ⅰ1単位30時間、 専門分野Ⅱ30単位990時間、 統合分野4単位105時間、合計37単位1170時間の授業を行いました。 今年度は新設2年目であり、編成したカリキュラムに従って運用を試みました。特に、2年次の後期はほとんどが臨地実習となっているため、学生の学習効果から考え講義と臨地実習との兼ね合いを考えたカリキュラム進度の見直しが必要であり、これは来年度に向けての課題となります。 ■科目担当者、講師一覧 専任教員は、主に各領域別看護学に分かれて専門科目を担当しました。経験年数や実習時間とのバランス等をなるべく考慮し調整をしていますが、カリキュラム進度によってはある時期に集中してしまう教員もいました。そのため、次年度の課題としては、実習との重なりを可能な限り避け、なるべくバランスがとれた調整をしていきたいと考えています。 約70名の非常勤講師に講義を依頼しました。講師は、医師(開業医師を含む)、薬剤師、看護師(認定看護師、専門看護師を含む)、栄養士、臨床心理士、理学療法士、大学教授等で、教育の経験豊富な方や現場で活躍されている方ばかりです。多忙な仕事の合間に、学生の現状やレディネスを考慮して、熱心に講義をしてくださっていると感じました。   ●平成28年度カリキュラム (クリックでPDFが開きます) 1年生時間割:45単位(1140時間) 前期 ・後期 2年生時間割:35単位(1140時間) 前期 ・後期 ...