言語療法科

言語療法科科長 矢野和美

【はじめに】
2016年は、人員減に対する対策を考え、実行に移した1年であった。
1月には入院25名、外来5名(科長含む)でスタートしたが、3月までに3名の退職者、1名育休からの復帰があり、4月には2名の新入職員を迎え、入院26名、外来4名で新年度を迎えた。
1フロア6~7名として運営したが、6月から12月までに退職2名、産休4名が新たに出て、年末には各フロア5名での運用となった。
10月から新たな取り組みとして、各フロアに1名のフロアリーダーを置き、東西のユニットに関する窓口とした。従来のようにユニット単位で動くより、患者把握やスタッフ指導の効率が期待できると考えている。

【業務・運営】
1.実績
入院、外来それぞれの月別実施単位数を図1、2に示す。また、摂食機能療法の月別実施件数を図3に示す。
STの人員減に伴い、ほぼ毎月単位減に向けて調整を行い、1月には6823単位だったのが、12月には4726単位と約2000単位減となった。
摂食機能療法は、毎月1000件を軽く超えるようになり、歯科衛生士に協力を仰ぎつつ調整を進めたが、対象者自体が減らなかったこともあり、土日の実施を制限することで終盤は何とか対処した状況であった。
外来は昨年から若干実施単位数が増え、9月の異動による1名増で対応した。1年間の新規処方は4件、終了は12件であった。
2.教育
例年通り新人勉強会、出張報告会、VF検討会、症例検討会を実施した。
今年も、高知リハビリテーション学院の石川裕治氏に週1回来院していただき、スタッフへの臨床・研究指導を継続していただき院外発表に繋げられた。

【失語症友の会】
友の会の親睦会を今年は新病院に会場を移して行った(表1)。初めて参加される方もあり、大きな混乱もなく今年も和やかな一時を過ごすことができた。
家族の悩みや不安を共有する場としても活用できるよう、今後も支援を継続したい。

【おわりに】
2017年は、人員の少ない状況が続くものの、後半には育休復帰があり、スタッフ数が充足してくる。言語療法科としては、フロアの運営体制の充実と臨床の質向上にむけた具体的な取り組みをスタッフと共に行っていきたい。

 

【図表】

表1.言語友の会

日時 内容 場所
2016年11月20日(日)
10時30分~14時
絵手紙の集い 近森リハビリテーション病院2階外来待合室
  • 図1図1
  • 図2図2
  • 図3図3

 

◆2016年院外発表(近森リハビリテーション病院言語療法科)

名称 開催日 演題名 発表者
第27回高知県言語聴覚学会 2016年
1月24日
一失語症例に対するアプローチ
―臨床2年目の実践―
谷脇悠斗
第27回高知県言語聴覚学会 2016年
1月24日
認知症を疑う嚥下障害者の対応
―1症例から学んだ問題点―
岸田雄斗
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 2016年
9月23日~24日
当院における服薬方法についての検討 野島唯
リハビリテーション・ケア合同研究大会茨城2016

 

2016年
10月27日~29日
当法人における標準失語症検査の実施と課題
―言語聴覚士に対する意識調査より―
田村咲