TOPICS!ひろっぱ2月号のご紹介

近森会グループ誌「ひろっぱ2月号」が完成しました。ご覧いただければ幸いです。

【今月のおすすめ記事】

■表紙
初開催!高知医療センター・近森病院合同 薬学生対象合同オープンホスピタル
今回の取り組みが、薬学生の高知での就職を少しでも後押しできることを願っています。

■6面 地域災害支援ナースを増やして南海トラフ地震に備える
皆さん「地域災害支援ナース」をご存知ですか?もし津波が起きて近森病院にたどり着けないところにいたら…とりあえず最寄りの病院や救護所でナースと
して活動しようという取り組みです。

■裏面 臨床栄養部長期研修生(3 カ月、1 年)研修報告
近森病院では全国から管理栄養士の研修生を受け入れています。研修生たちの声をお聞きしました。

*2月号全ページはこちらからどうぞ

※バックナンバーはこちらからどうぞ

カテゴリー: 未分類 | TOPICS!ひろっぱ2月号のご紹介 はコメントを受け付けていません。

2月27 日(水)献血のご案内


2月27 日(水)12:30~17:30まで近森病院 総合受付前にて献血を開催します!一般の方もご参加いただけますので、お近くの方は是非宜しくお願い致します。

皆様のご親切から誰かの「ありがとう」が生まれます。ご協力をお待ちしております!

カテゴリー: News, イベント | 2月27 日(水)献血のご案内 はコメントを受け付けていません。

臨床使用 高知県初! 補助循環用ポンプカテーテル を使用して、再還流に成功!

臨床使用 高知県初!
補助循環用ポンプカテーテル を使用して、再還流に成功!

2018年12月19日、近森病院にて心原性ショックを伴った急性前壁心筋梗塞に対して、上記を使用した再還流に高知県で初めて成功しました

重症の心原性ショックに対して使用される最新の治療です

近森病院では年間200例以上の急性心筋梗塞の患者さんがいます。
今後、この最新のポンプカテーテルの導入により、重症の心原性ショック患者さんの治療成績の向上が期待されます

※本日、高知新聞社さんの取材を受けました、後日、朝刊に掲載されるとのことです!
高知新聞より取材を受ける医師

詳しくは院内広報誌ひろっぱ3月号にてご紹介します、お楽しみに!

カテゴリー: 未分類 | 臨床使用 高知県初! 補助循環用ポンプカテーテル を使用して、再還流に成功! はコメントを受け付けていません。

近森病院看護師特定行為研修 2019年度受講生募集

近森病院看護師特定行為研修2019年度受講生を募集します。

【出願期間】
2019年3月1日(金)~3月22日(金)17時必着
【受講選考日】
日時:2019年4月18日(木) 10時~
場所:管理棟3階 会議室
【受講応募書類送付先】
(郵送の場合)
〒780-8522 高知市北本町1丁目1-28
社会医療法人近森会 近森病院「看護師特定行為研修事務局」宛
(持参の場合)
〒780-0052 高知市大川筋1丁目6-3
社会医療法人近森会 近森教育研修センター6階「看護師特定行為研修事務局」まで
※受付時間:平日8時30分~17時
【注意事項】
詳細は、看護師特定行為研修ページをご参照下さい。応募提出書類もダウンロード可能です。
【お問い合わせ先】
社会医療法人近森会 近森病院 看護師特定行為研修事務局
電話:088-822-5231(代表)
メール:tokuteikango@chikamori.com

説明会開催のご案内

【開催日時】
第1回:2019年1月24日(木) 18時30分~19時15分
第2回:2019年2月22日(金) 18時30分~19時15分
第3回:2019年3月22日(金) 18時30分~19時15分
【申し込み方法】
①氏名、②連絡先、③所属先を明記の上、メールまたはFAXにてお申し込みください。
メール:tokuteikango@chikamori.com
FAX:088-872-3059(代表)
【注意事項】
・3回とも同じ内容です。
・事前申し込みへのご協力をお願いします。(当日参加可)
【お問い合わせ先】
社会医療法人近森会 近森病院 看護師特定行為研修事務局
電話:088-822-5231(代表)
メール:tokuteikango@chikamori.com
カテゴリー: 看護部 | 近森病院看護師特定行為研修 2019年度受講生募集 はコメントを受け付けていません。

TOPICS!ひろっぱ2019年1月号のご紹介

近森会グループ誌「ひろっぱ1月号」が完成しました。ご覧いただければ幸いです。

【今月のおすすめ記事】

■表紙 年頭所感
今までの発想にとらわれない自己変革~キャッシュフロー重視の経営方針~
時代が大きく変わり、「今までの発想にとらわれない自己変革」が求められる時代になりました。医療の質を上げ、それを限りない経営改善で支え、高知の救命救急医療の基幹病院として県民・市民のために最後まで生き残り責任を果たしていきたいと決意しています。

3面 臨床栄養部 宮澤部長 退職にあたって
2002 年1 月の入職より16年間、近森の臨床栄養部を牽引し、名実ともに全国レベルのNSTに育てた宮澤部長が退職しました。新しい天地で大きく飛躍してくれることを願っています。

裏面 筋肉量測定の体組成分析装置(InBody)導入
手術後退院した患者さんに、サルコペニアの評価を継続して行えるよう外科外来にインバディを導入しました。外来で栄養指導や運動指導が行える体制を作っていければと考えています。

*1月号全ページはこちらからどうぞ

※バックナンバーはこちらからどうぞ

カテゴリー: 未分類 | TOPICS!ひろっぱ2019年1月号のご紹介 はコメントを受け付けていません。