泌尿器科

■泌尿器科について

 泌尿器科は、内科的疾患、外科的疾患を含む専門領域であり、診断から治療(薬物療法、手術療法など)までを一貫して行います。 近森会・近森病院泌尿器科は、日本泌尿器科学会専門医教育施設であると共に高知大学医学部泌尿器科学教室の関連施設であり、医学部学生の臨床実習や初 期〜後期研修医の研修ができる診療体制をとっています。 患者さんの内訳では、ER(救命救急センター)を持つ病院として、尿路性器外傷や膀胱タンポナーゼなどの泌尿器科救急患者や地域連携室経由の尿路感染症(尿路性敗血症)・尿路結石症(ESWL目的)の紹介患者も多いのが最大の特徴です。 また関連病院として、近森リハビリテーション病院、近森オルソリハビリテーション病院や精神科を中心とした近森病院第二分院があるため、脳脊髄神経・精 神疾患を基礎疾患に持つ患者さんの排尿管理が多いのも、また一つの特徴です。 2008年より順次診療機器の更新を行い、視認性の良い超音波検査装置や軟性膀胱ファイバーの導入など、外来患者さんの検査に対する体の負担を減らすよ うに心がけています。また尿路結石の患者さんの増加に伴い、手術用内視鏡の全面的更新も行っております。硬性・軟性尿管鏡の複数台購入、レーザー砕石装置 の購入で、これまでの硬性尿管鏡によるTUL(経尿道的結石破砕術)に加え、軟性尿管鏡併用によるf-TUL、またPNL(経皮的結石破砕術)を組み合わ せたTAP(TUL assisted PNL)も施行可能となり、良好な成績を残しています。 また2011年末の外来センター完成に伴い、ESWLを最新型に更新し、外来センター泌尿器科ブロック内に設置し、患者さんの利便性の向上を図っており ます。 以上のように、近森病院泌尿器科は、患者さん個々の状態に合わせ、より極め細やかに日々の診療を行っています。

■スタッフの紹介
泌尿器科部長
浜口 卓也 (和歌山県 出身)
Takuya Hamaguchi M.D.
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医・指導医
高知大学医学部 臨床教授
【専門分野】泌尿器悪性疾患等
【PR】医療はサービス業。
患者さまの納得のいく説明を心がけています。

医師
葺石 陽亮 (京都府 出身)
Yosuke Fukiishi M.D.
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
高知大学医学部 臨床講師
日本癌治療学会
日本泌尿器内視鏡科学会
がん診療に携わる医師のための緩和ケア研修会修了
【専門分野】泌尿器科一般
【PR】泌尿器科一般の診療を行っています。丁寧で分かり易い診療を心がけています。

【難治性排尿障害外来】
医師(非常勤)

齊藤 源顕 (奈良県 出身)
Motoaki Saito M.D.
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医・指導医
日本排尿機能学会認定医・理事
日本性機能学会専門医
日本臨床薬理学会指導医
高知大学医学部薬理学講座・教授
【専門分野】排尿障害
【PR】おしっこの悩み 相談してください。

【女性泌尿器外来】
医師(非常勤)

亀井 麻依子 (高知県 出身)
Maiko Kamei M.D.
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
医療法人 亀井クリニック 副院長
【専門分野】女性泌尿器
【PR】話しにくい女性の尿の悩み ご相談下さい。

医師(非常勤)
竹森 大悟 (高知県 出身)
Daigo Takemori M.D.
 
【専門分野】泌尿器科一般
【PR】高知県の医療に貢献できるよう頑張ります。

医師(非常勤)
太田 雄飛 (千葉県 出身)
Yuhi Ota M.D.
 
【専門分野】泌尿器科一般
【PR】2018年4月から泌尿器科医になりました。日々努力しています。

■外来診療医【泌尿器科】





 
午前

浜口

浜口

浜口

浜口

浜口

葺石

 

 

葺石

葺石

午後 浜口
(再診)
    浜口
(再診)

14:00〜17:00
【女性泌尿器外来】
亀井(第2のみ)

13:30〜16:30
【難治性排尿障害外来】
齊藤(第4のみ)

※医師の学会出張や業務の都合による急な休診・代診が発生する場合がございます。受診の際は、(代表Tel:088-822-5231)でご確認の上、ご来院くださいますようお願い申し上げます。
 

■各種資料へ

>>年報資料へはこちら