血管撮影装置

■血管造影装置

島津社製血管撮影(アンギオ)装置を使用しています。バイプレーン2台(8インチ1台、12インチ1台)、シングルプレーン(12インチ)1台の計3台で運用しています。 血管撮影装置は撮影用のカテーテル(特別な管)を体の外から挿入し目的の場所まで持っていき、目的の血管に造影剤を流しX線で血管の形態を描出する装置です。 バイプレーンとは血管撮影装置を2式装備した装置のことで、一度の造影撮影で2方向からの画像を取得することができます。シングルプレーンは血管撮影装置が1式装備のみとなっています。 これらは心臓カテーテル検査や、EVT(末梢動脈疾患のカテーテル治療)、アブレーション(頻脈性不整脈の治療)、ペースメーカー挿入時などに使用しています。

MRI

 島津社製バイプレーン装置(8インチ)

 

 島津社製バイプレーン装置(12インチ)

 

 島津社製シングルプレーン装置(12インチ)  

 

 血管撮影装置操作室

 

 心臓冠動脈血管造影画像