IVR-CT室

■IVR-CT室

シーメンス社製IVR-CTを使用しています。2014年8月から新規導入しました。IVR-CTは一つの部屋で血管造影とCT撮影が行えます。

主に脳血管造影や、TACE(HCCに対する治療)、TAE(交通外傷などによって血管が損傷し出血したときに止血するための治療)、CTガイド下生検などに使用しています。

一つの部屋にCTがあることで治療中に部屋の移動をすることなくCTの撮影することが可能となっています。特にTACE時には非常に有用で、CTAP(経動脈的門脈造影)やCTHA(肝動脈造影)の撮影ができるため、より正確な治療を行うことができます。

MRI

 

  シーメンス社製IVR-CT(バイプレーン装置)

 

 シーメンス社製IVR-CT(20列CT装置)

 

 IVR-CT捜査室

脳血管
肝動脈血管造影画像 脳動脈造影画像