センター長のあいさつ

社会医療法人近森会 近森病院総合心療センター長 明神和弘

院長 明神和弘 わたしたちは、「患者さんがその人らしさを失うことなく、社会の中でこころ豊かに前向きに生きていけるよう全力で努力します」の理念のもと、患者さんが一日も早く、住み慣れた場所で、その人らしい生活ができるよう、入院期間を出来るだけ短くし、外来で支えていこうと努力しています。そのため、外来・デイケア・病棟と併設する訪問看護ステーションラポールちかもりなど各部門や各職種のスタッフと互いに協力しチーム医療を行っています。

 平成25年10月には、第二分院から近森病院に統合し近森病院総合心療センターとなりましたが急性期から在宅までのトータルな支援体制を維持しつつ、ストレス関連疾患の包括的な治療や救急救命センターのある近森病院に附属した精神科として身体合併症、自殺企図などにもいち早く対応できる体制の構築を進めて行きたいと考えています。

 当院は健康増進法に基づき非禁煙者の受動喫煙防止のみならず、喫煙者の健康を守るために「敷地内全面禁煙」としています。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 
明神 和弘(みょうじん かずひろ)
■生年月日 昭和26年9月9日
■現職 社会医療法人 近森会 近森病院総合心療センター センター長
■学歴  
昭和57年3月 徳島大学 医学部 医学科卒業
■職歴  
昭和57年5月 高知医科大学神経精神科入局
昭和60年4月 近森病院 精神科 勤務
昭和62年4月 高知医科大学神経精神科 助手
昭和63年7月 山本病院に院長として就任
平成2年6月 聖ヶ丘病院に副院長として就任
平成5年4月 医療法人近森会 近森病院第二分院 科長として就任
平成10年8月 医療法人近森会 近森病院第二分院 院長に就任
平成25年10月 社会医療法人近森会 近森病院総合心療センター センター長に就任